プリンターインクが高いと感じている人も多いと思われます。何しろインク交換をしようとするとプリンター本体よりも高いこともあるわけで、普通に印刷が出来ればいいという人にとってはこれだけ高いと意味が分からないと感じている人もいるかもしれません。ですが最近では、この状況をビジネスチャンスと捉えた企業が互換タイプというものを出していて、これならかなりの安い値段で買うことが出来ます。純正のものと扱い方は全く同じで性能もほとんど同じですから印刷レベルはほとんど同じです。印刷した見た目ではまず見分けがつくことはないでしょう。それぐらいに今の技術は進歩しているということです。純正品が高いと思っているひとならばこの互換typeはかなり魅力的なものとなるはずです。

互換typeにデメリットはないのか?

互換のデメリットはプリンター本体にトラブルがあったときに保証されないことがあるということがあります。ただ、これについては、インクが原因と考えられる場合についてのみです。故障の原因がなににあるのかわからないときに、互換タイプが原因ということがつきとめられることはまず難しいのですが、そのような時に原因として真っ先にやり玉にあげられる可能性があるので、故障などが起きたときには、その責任がこれに押し付けられることは可能性として高いと考えられます。ただ、純正品なら故障しないのかというとそうではありませんから、これは単に純正品では故障しないということではなく、純正品以外のものを使わせないようにしているというメーカーのうたい文句というように考えておいた方がいいでしょう。後は保証を必要とするのか、価格の安さをとるのかを考えることになります。

純正品はなぜ驚くほど高い値段なのか?

純正品が高い理由は、これでメーカーが利益を出そうとしているからです。その代わりにはプリンター本体が驚くような値段になっています。本体は一度買えばなかなか次は買いませんが、インクは消耗品で何度もなくなれば何度でも買ってくれるので、これで利益を出すという考え方をしているからです。そのため、純正品以外はトラブルの保証対象外となるというような制度も作って自社が作った純正品を買ってもらおうとしているというわけです。純正品と互換品の間にそんなに品質的な違いはありません。というのは、目で見てわかるようなレベルでの違いがあれば売れないからです。消耗品は何度も使ってもらうことが前提の商品ですから、明らかに質が劣るようなものは売れなくなります。ですから、互換品も純正品と同じようなレベルにあると考えられます。