プリンターのインクには互換インクというものがあります。これは純正のプリンター会社が制作したものではなく、他社が制作したものなので価格が安いというメリットがあります。他社が作ったものだからといって品質が悪くなると決まったわけではありません。ほとんどの互換のものは見た目ではその優劣はわからないようになっているのが今のレベルといってもいいでしょう。純正の製品はあまりにも高い価格設定がなされているので、これをビジネスチャンスと考えた競合他社が出てきたというのが、こうしたものが登場した背景にあると考えられます。決して使えないものではなく、使っていて純正のものと違和感なく使えるものがほとんどですから、価格的に純正が高すぎると感じている人にはとても魅力的なものとなるでしょう。

互換品が登場してくることになった背景

互換品が登場してくることになったのは、純正品があまりにも高くなり過ぎたということがあります。何しろプリンター本体を購入するよりも、純正のインクを購入した方が高いということも今では起きているぐらいに純正品は高い値段設定がなされています。これは、プリンターで収益を回収するのではなく、インクによって収益を回収しようとするメーカーの意図が現れています。一度本体を購入してもらえれば、後は消耗品の方で利益を出していった方がいいということが分かってきたからです。そのため、消耗品の価格が高く設定され続けることとなり、これをビジネスチャンスと見た競合相手が互換という形でビジネスに参入してきたということになります。そのため、品質的には見劣りするようなものはほとんどありません。

互換の製品にデメリットはないのか?

互換の製品の場合は何かトラブルがあった時に無償修理の保証期間であっても、断わられることがあります。ただ、互換製品が原因でトラブルが発生することはかなりレアなケースだといってもいいでしょう。それほど難しいものであれば、交換して使うようなことには出来ないからです。シンプルですぐに使えるようになっているからこそ、消耗品として使えるものになるわけです。互換の製品は価格で純正品に対抗しているので、価格が安いというのが大きな魅力となりますが、安いからといって品質が劣るとは限りません。見た目にはほとんど差がないのが実情といってもいいでしょう。純正品がいいと感じる人もいるかもしれませんが、今の技術はとても進んでいるので見た目ではほとんど分からないというのが実情です。