今の時代にプリンターは、会社などはもちろんですが、一般の家庭でも必須の生活用品になっています。いろいろな場面で役に立ちますが、方式には「インクジェット」と「レーザー」があります。出始めた当初は拮抗していましたが、現在一般家庭では前者のほうが主流になっています。レーザーは企業などが大量の印刷をするのに適していますのでこのような決着となりました。このようにインクジェットが一般家庭では主流になりましたが、一つ問題があります。それはコストが高くなることです。一時期、「メーカーは本体を安く販売してインク代で儲けるようにしている」と言われていましたが、確かに費用的にみますと安い買い物ではありません。そこで登場したのが、メーカーが作るのではない非純正品ですが、そのときに悩むのは「純正品と非純正品、どちらがよいか」です。

非純正品にもいろいろな種類があります。

純正品がコスト的に高いことにより非純正品が出回るようになりましたが、非純正品には「互換」とリサイクル」と「詰め替え」があります。「詰め替え」は読んで字のごとく「使用済みのカートリッジに新たに詰め替えて使用する」ものですが、「互換」と「リサイクル」の違いはわかりづらいものがあります。この2つの大きな違いは「新品」か「再利用品」かにあります。「互換」はメーカーの純正品にできるだけ近づけて作った新品なのに対して、「リサイクル」は純正品を再利用して作ったものです。おそらく一般の人は非純正品と純正品の違いを意識することはあっても、非純正品のなかで「互換」と「リサイクル」の違いを意識することは少ないのが実状です。しかし、店頭にいきますと、記載されていますので違いがわかるようになっています。

純正品と非純正品の違いを理解して使うのが大切です。

純正品と非純正品の違いを理解する前に、非純正品における「互換」と「リサイクル」の違いを理解することが大切です。まず「互換」が「リサイクル」よりも勝っているのは「価格が安い」「安定供給できる」「残量検知機能があるものが多い」などですが、反対に負けているのは「形状に特徴があるので使い方がわかりにくい」「エコに優しくない」といった点があげられます。この違いを理解してうえで「純正品」との違いを考えてみますと、やはり一番のリスクはプリンターが故障したときの保障があります。プリンターメーカーとしては純正品を使ってもらうことがとても大切ですので、非純正品に対して対抗処置をとるのは当然です。その一つが保障ですが、ほとんどのメーカーは純正品でないインクを使っていたときのトラブルに対しては保障内容を厳しくしています。このような違いがあることを理解してどちらを選ぶかを決めることが大切です。

当店人気の高品質インクが期間限定大幅値下げ!!クリアな染色、色褪せに強い耐久力で写真印刷に最適!この機会に是非お試しを! プリント用品ならなんでもござれのこまもの本舗!カラーインク、トナー、プリンター用紙、たっぷりご用意しております! 数量限定送料無料大特価1000円の、選べる互換インク福袋販売中!数が限られてますのでお早めに! プリンターのインクを選ぶならコチラ